HOME>注目記事>個人契約の家庭教師と医学部予備校の費用を考える

個人契約の家庭教師と医学部予備校の費用を考える

辞書

金銭面の問題について考える

医者になるためには猛勉強が必要です。そのためには、医学部予備校での勉強や個人契約による家庭教師など質の高い勉強が必要になります。そこで問題なのが、学費です。私立大学の学費を始め、勉強のためにはお金がかかり、家庭環境によってはそういった勉強を受けるのもままならないことも珍しくはありません。奨学金制度さえ利用すれば入学金や学費はまかなえるかもしれませんが、それに至るまでの勉強にかかる費用は、自分で工面しなければなりません。

勉強

安く済ませるなら、家庭教師

医学部受験のためにかかる費用を少しでも節約したいのであれば、個人契約の家庭教師に指導を受けるという手段があります。個人での勉強には限界があり、かといって費用のかかる勉強法はできるだけ避けたい。そんな時は、個人契約の家庭教師のサポートをしている機関に依頼しましょう。
「いちいちそういった機関のサポートを受けるのって余計にお金がかからない?」と思うかもしれませんが、実際には費用を大幅に減らすことが可能です。

サポートを受けるメリット

勉強

教材費なども込み

受験に向けての勉強をする際、どのような教材が良いのかわからず、多くの教材を買い込んでしまうというケースがありますが、そういった必要な教材の紹介やサポートを受けられるので、ムダな買い込みを減らすことが出来ます。よって、結果的に教材費を減らせます。

基本は個人契約なので費用は安くしやすい

個人契約の家庭教師は、会社の家庭教師に比べると毎月の仲介料などが付くため、割高になります。しかし、個人契約のサポートをしている機関なので、月々支払う料金は個人契約の料金のみとなるため結果的に大幅に安くなるのです。なお、初回のみ仲介料が発生しますが、その後たいてい料金がかかりません。

勉強の質が良い

家庭教師にもよりますが、個人で行うよりも医学部に進学したことのある人の指導を受けたほうがより効率的かつ的確な勉強ができます。よって、個人契約の家庭教師は値段も安価でなおかつ成績アップにつながりやすいのです。

機関のサポートも受けやすい

家庭教師のみならず、機関によるサポートを受けられるのもメリットの一つと言えます。先生が急に来れなくなった時の臨時の人の授業や、模試の日程、試験対策など様々なサポートを得られるのは、個人契約のみの場合ではあまり恩恵がありません。よって、個人契約をサポートしている機関を通したほうが、より合格しやすくなるのです。

広告募集中